マンション査定 専任媒介契約

それでも、専任媒介契約がおすすめです。

媒介契約には、三つのタイプがあるとお話しました。>>関連ページ

 

専属専任媒介契約専任媒介契約一般媒介契約の三つでしたね。
それぞれに特徴があり、制約や義務が売主、不動産会社共に決まっています。

 

では、どちらの媒介契約にすればいいのでしょう?

 

これは、結構難しい問題なのですが、私は専任媒介契約をおすすめします。

 

どのタイプにも一長一短があり、売主さんの事情(早く売りたいのか、時間が掛けられるのか? とにかく高く売りたいのか?など)や不動産会社の得意分野にも関係してきます。ですから、難しい問題なのです。

 

■理由の一つは、双方の信頼関係の問題です。
良い仕事には、信頼関係があることが重要ですが、専任媒介契約となると、自分たちでしっかり売らないと物件は売れません。したがって責任感も出てきます。売主さんは、他社に売却を依頼していないのですから。

 

■もう一つ重要な要素は、営業経費の問題です。
情報誌に出稿するのも、チラシを物件周辺のポストに配布するのも経費が掛かります。一般媒介契約で、売主さんが他の不動産会社に依頼していれば、その会社が買主さんを決めてきた場合、営業経費はまったくムダになってしまいます。専任媒介ではその心配は不要です。
不動産会社にとっては間違いなく、一般より専任媒介契約がいいのです。

 

私と長年おつき合いのある不動産会社は、「しっかり営業するので、レインズに載せるのは少し待ってほしい。」と言います。

 

これは、専任媒介契約でも、営業活動の一つとして、レインズに掲載義務があります。
しかし、レインズに掲載すれば、当然他の不動産会社も買主さんを見つけてくることができるので、そうなれば仲介手数料が売主さんからだけになってしまいます。
これを片手(かたて)といいますが、売主さんと媒介契約を結んだ不動産会社(これを元請けと言います。三つのどのタイプでも同じです)が、直接買主を見つけてくれば、買主さんからも仲介手数料をいただけます。これを両手と言います。

 

片手では、営業経費はすべてムダにはなりませんが、設けは半減です。
それで、はっきりとその旨を売主さんに言っているのです。
もちろん、それで二週間から一月以内で決まらなければ、条件を変えます。
しかし決まる時は、新聞に掲載して1日で決まることもあります。
これは、出会いの問題です。これならば、不動産会社も営業経費をしっかりとかける事が出来ます。

 

以上のことから、早くてよい条件で、売却の可能性が高くなる、専任媒介契約が良いと、私は考えています。

 

 

追記:レインズに情報を載せれば、広く他の不動産会社に売り物件の情報が流れます。中には、買主さんの問い合わせがあっても「今、商談中です。」と言って、実際に商談中でなくても両手で仲介手数料を得るために、お客様を断る不動産会社もいます。上記の例は、そういうウソをしないから、レインズ掲載をしばらく待ってほしいという、依頼なのです。

 

尚、不動産売却は、「縁」の要素も大変にあり、まったく同じケースはありません。最終的には、売主であるあなたが自身の責任で決めることです。

 

 

>次のページ【重要事項説明はホントに要注意です!】    >トップページ

 

専任媒介契約がおすすめです関連ページ

あなたの大いなる勘違い
物件を一番いいと思っているのは、あなたです。愛着もあります。しかし、買主は白紙状態です。ひいき目で見ている訳ではありません。それは勘違いなのです。知っておきたい不動産屋さんの本音を暴露します。
査定価格は高いほどいい?
マンション査定価格は、概ね物件自体と周辺取引事例から決まります。しかし、売主の心理と不動産会社の思惑が大きく関係しているのです。
不動産会社の選び方
不動産売却で成功するには、不動産会社の選び方が大変重要です。不動産会社には、得手不得手があります。大手か?中小の会社か?
「このマンションに住みたいお客様がいます」!?
失敗しないマンション査定を受けるため、少しでも高く・早く売却する為に鍵を握っているのは不動産屋さんです。成功する為に知っておきたい不動産屋さんの本音を暴露します。
重要事項説明はホントに要注意です!
重要事項説明を軽くみると、大きなトラブルにつながるケースがあります。実例を紹介します。思わぬ失敗をしない為に必ずチェックしてください。。

基礎知識 必要な書類と費用 査定に成功する10ヶ条 実例!体験レポート 不動産屋さんの本音 マンション売却Q&A