マンション査定 部屋を広く見せる

部屋を広く見せる

第一印象は大切です。ドアを開けたその瞬間の印象が、その後に見るすべてに影響を与えるものです。ちょっぴりの工夫で部屋をスッキリ、広く見せる4つの方法をご紹介します。

 

@整理・整頓をする
どうせ引っ越しをするのです。この際、いらないものは早めに捨てるなり、処分しておきましょう。整頓のコツは、なるべく床が見えるように配置することです。

 

A今ある家具をなるべく低く使う
人の目や感覚は、重心が低いと安定していると感じます。
例えば部屋に低めのチェスト(棚)がなく、上下に置いてある家具がある場合上の家具を下の家具の横に並べてみましょう。また、今あるカラーボックスを横に並べて使ってみるのも効果があります。
これなら、部屋にあったものを使っている為、新しく家具を揃える事もありません。
そして、家具を低く使っている為、とてもカーテンや絵などが引き立ちます。

 

B一時保管箱を作る
「一時保管箱」を作って、棚の小物等を内覧時に合わせて保管し、押し入れなど目立たないところにしまいます。置物や写真などは、意外と印象を左右するものですから、趣味が合わないとマイナスのイメージを心理的に与えてしまいます。とりあえず緊急避難させて、部屋をスッキリ見せるようにしましょう。

 

C色を統一する
今から部屋全体の色を揃えるには大変だわという方には、部屋の入り口から見て、一番最初に目が行く場所を、整頓して色を統一しましょう。人は、部屋の入り口から見て、最初に目に行くところを色を統一するだけでも、部屋が広く見え、部屋全体が整頓されているように感じます。色は、アイボリー、ベージュ、オフホワイトなど明るくナチュラルな色が広い印象を与えます。

 

最後に、極めて簡単。すぐにでき、効果の高い方法です。
それは、家中の証明をつけておくことです。
普段は、昼間に廊下や玄関の照明をつけていることは無いでしょうが、お客様を案内する時は、絶対に全ての照明をつけておきましょう!

■整理・整頓をする
■今ある家具をなるべく低く使う
■一時保管箱を作る
■色を統一する
■家中の照明をつける

 

>次のページ【現地内覧会について】    >トップページ

部屋を広く見せる関連ページ

売却価格設定は重要
マンション査定で少しでも高く売り、成功する為に、価格設定は重要です。相場の事前調査に基づく価格設定の秘訣を公開します。
マンション査定・売却に適した時期は?
マンション売却にも適した時期があります。ポイントを押さえれば、より高く早く売却できます。
メンテナンスしよう!
マンション査定を受ける前に、少しでも高く・早く売るために、しっかりメンテナンスをしましょう!
現地内覧会について
売出しを始めたら、自宅物件を「現地内覧会」として、お客様(買主)をお迎えします。プライバシーも大事ですが、内覧は大変重要です。よく家族で話し合っておきましょう。
購入希望者への対応【お客様を敵視しない】
マンションを売る人と買う人とは、まったく立場が違います。買主はお客様。敵視してはいけません。信頼関係が大事です。
マンション売却 予め問題点を解決しておく
マンション査定を受ける前に、不要なトラブルを避け、少しでも高く売るために、予め法的な問題点を解決しておきましょう。後日、損害賠償請求されたケースもあります。
あなたの営業も役に立ちます
マンション査定を受け、媒介契約を交わしたら、営業活動は、不動産会社が行うことになります。しかし、売主さんの行動で良い営業結果を生むこともあるのです。
マンション査定は複数業者に依頼する
マンション査定は、少しでも高く売るために、必ず複数業者に依頼しましょう。業者によって方針の違いが分かります。
返答はできるだけ早く
マンション購入希望者や不動産業者さんから問い合わせや希望があれば、できるだけ早く返答しましょう!

基礎知識 必要な書類と費用 査定に成功する10ヶ条 実例!体験レポート 不動産屋さんの本音 マンション売却Q&A