マンション査定 方法 仕組み

マンション査定はどうやってするのか? 方法と仕組み

「マンション査定」は、何の為にするのでしょう?

 

不動産は、ひとつとして同じ物件は存在しません。
つまり、誰もが認める定価というものがないのです。

 

その為に、売りに出したい「あなたのマンション=物件=商品」を売買するために、売り出し価格の基準を決めること。

 

これが、「マンション査定」です。

 

では、マンション査定はどうやってするのでしょう?
本来、国土交通省の通達においても財団法人 不動産流通近代化センター発行の価格査定マニュアルに基づいて査定するのですが、この価格査定マニュアルに従って査定をしても、必ずしもそれが実態(実際の取引価格)を反映した査定価格になるとは限らないのです。

 

実際には、売却価格の目安(相場)をつかむ為の「オンライン査定=簡易査定」と、個々の物件の現地調査に基づき、依頼主の希望、周辺の類似物件の最近の取引事例と比較して売却価格を算出する、「現地査定」とがあります。

 

査定は、この「オンライン査定」で大まかな売却価格をつかんで、その後、あなたがオンライン査定を依頼した不動産業者に「現地査定」をあらためて依頼し、実施することになります。(やり取りは、メールでOK。オンライン査定を依頼した業者から現地査定をすすめてくるところもありますが、検討中と返事すればOKです。その対応で、熱意や誠意なども判断できます。)>体験レポート【確認・連絡メールの実例】

 

不動産業者によって査定価格に差が生じるのは、この周辺取引事例の収集能力と比較した判断が異なっているからです。
例えば、物件の間取りや設備、築年数と土地の条件(日当たりや公園が近いとか川がそばにあるなど)、流通上の問題点(>売りやすい物件と売りづらい物件参照)などをどう評価するかで、価格が変わってくるのです。これは、オンライン査定でも現地査定でも同じです。オンライン査定でも、物件種別や所在地、築年数、間取りや売却予定時期などが考慮されます。

 

したがって、より多くの取引事例の収集能力が高いところ、市場の動向の判断が適切な業者を選ぶことが重要と言うことになります。

 

>信頼できる不動産会社を探すには?

 

 マンション査定,方法,査定価格

 

>次のページ【売却相場の現状と情報収集】   >トップページ

マンション査定はどうやってするのか?関連ページ

マンション相場の現状と情報収集
マンションを売却する時は、自身の物件の売却価格の相場を知っておくことが重要です。マンション相場の現状と相場価格を知る方法を紹介します。
マンション査定の基礎用語
マンション査定を受けるには、不動産取引に関する専門用語の理解が必要です。ここでは絶対知っておくべき土地と建築法の基礎用語を分かりやすく解説します。
売りやすい物件と売りづらい物件
不動産売却には、売りやすい物件と売りづらい物件とが在ります。それぞれの特徴と違いを知っておきましょう!
「仲介」と「買取り」の違い
不動産会社との取引には、仲介と買取りがあります。それぞれの手続きとメリット・デメリットの違いを理解しましょう。
マンション売却 媒介契約の種類
不動産会社に売却の依頼をする時にする契約には、3つの形態があります。それぞれの契約の仕組みと違い、メリットとデメリットを分かりやすく解説します。
マンション査定の評価項目
マンション査定には、どんな項目が評価されるのでしょう。ここでは絶対知っておくべき査定の評価項目を分かりやすく解説します。
マンション査定の評価方法
マンション査定の具体的な評価方法は、「原価法」「取引事例比較法」と「収益還元法」があります。それぞれの特徴を解説しています。
まとめ【失敗しない不動産売却】
不動産売却について、「基礎知識」として解説した事をまとめました。失敗しない為の心がけをお伝えします。

基礎知識 必要な書類と費用 査定に成功する10ヶ条 実例!体験レポート 不動産屋さんの本音 マンション売却Q&A