マンション査定・売却に適した時期は?

マンション売却に適した時期は?

結論から言うと、マンションが売れやすい時期はない!と言うことになります。

 

以前は、一年を通して不動産が良く動くのは、一般的に1月中旬から3月末ごろと言われてきました。その次が、9月初旬から11月中旬ごろまでです。

 

これは、春先は「新年度からは新居」「人事異動で転勤」という人が比較的多く、秋も「新年から新居」「秋の人事異動で転勤」という人が多かったからです。

 

しかし、これはもはや過去の話です。昔のように、「転勤シーズン」「入学シーズン」に合わせて物件が動くことはありますが、特にマンションが売れやすい時期はありません。

 

「マンション売却の基礎知識」のマンション相場の現状と情報収集で述べましたが、日本では住宅ストックがとっくに世帯数を上回っている、買い手市場です。物件の需要と供給のバランスがとれていません。買主は常にたくさんのライバル物件の中から選ぶ立場です。シーズンに合わせて売りに出しても、売れない時は売れないのです。

 

この時考えることは、時期よりタイミングです。売り物件の中でも、いつまでも売れないで流通している物件は、「サラシ」と業界用語で呼ばれるようになります。このサラシ物件になると、その物件は「売れない」=「高い」または「よくない」という評価が定着し、ますます売れなくなってしまいます。

 

サラシ物件に定義があるわけではありませんが、半年以上流通しているとかなり問題です。したがって、絶対にサラシ物件にしないことが重要です。三ヶ月たってまだ売れないときは、広告など販促活動を強化する、価格を下げるなど早く売る手を打ちましょう。

 

■マンションが売れやすい時期は無い!
■タイミングが大事。早く売る努力をしよう!

               

 

>次のページ【メンテナンスしよう!】    >トップページ

マンション査定・売却に適した時期は?関連ページ

売却価格設定は重要
マンション査定で少しでも高く売り、成功する為に、価格設定は重要です。相場の事前調査に基づく価格設定の秘訣を公開します。
メンテナンスしよう!
マンション査定を受ける前に、少しでも高く・早く売るために、しっかりメンテナンスをしましょう!
部屋を広く見せる
マンション査定を受ける前に、少しでも高く売るために、部屋を広く見せるなど自宅の魅力を最大限に引き出しましょう!
現地内覧会について
売出しを始めたら、自宅物件を「現地内覧会」として、お客様(買主)をお迎えします。プライバシーも大事ですが、内覧は大変重要です。よく家族で話し合っておきましょう。
購入希望者への対応【お客様を敵視しない】
マンションを売る人と買う人とは、まったく立場が違います。買主はお客様。敵視してはいけません。信頼関係が大事です。
マンション売却 予め問題点を解決しておく
マンション査定を受ける前に、不要なトラブルを避け、少しでも高く売るために、予め法的な問題点を解決しておきましょう。後日、損害賠償請求されたケースもあります。
あなたの営業も役に立ちます
マンション査定を受け、媒介契約を交わしたら、営業活動は、不動産会社が行うことになります。しかし、売主さんの行動で良い営業結果を生むこともあるのです。
マンション査定は複数業者に依頼する
マンション査定は、少しでも高く売るために、必ず複数業者に依頼しましょう。業者によって方針の違いが分かります。
返答はできるだけ早く
マンション購入希望者や不動産業者さんから問い合わせや希望があれば、できるだけ早く返答しましょう!

基礎知識 必要な書類と費用 査定に成功する10ヶ条 実例!体験レポート 不動産屋さんの本音 マンション売却Q&A