マンション売却 予め問題点を解決しておく

予め問題点を解決しておく

不動産には、実に様々な法律問題が絡むものです。
それほど、私たちにとって重要な資産といえるわけですが、数々の問題は同時に日々の生活に係わってくることでもあり、不動産を売却するときトラブルの種になることがあります。

 

例えば、取引の対象となる物件の権利が何なのかお分かりですか?

 

売買であれば所有権が中心になりますが、所有権にも単独所有権、共有持分権、区分所有権とあります。地上権、土地賃借権も取引対象になります。また、取引の対象以外の権利が付着していないかも確認する必要があります。所有権を制限する権利がついている場合は、取引方法や査定価格などに大きく影響してきます。抵当権が設定されているケースは比較的多く、登記簿での確認が必ず必要です。(抵当権抹消の準備が必要です)

 

また、当事者の確認も大事です。不動産登記上の名義人が必ずしも真正な権利者とも限らず(相続があった場合など)、登記済権利証や登記識別情報の所持人が真正な権利者とも限らないのです。物件を相続で取得していたら相続登記をしておくこと。共有者がいるときは全員の合意を得ておくことです。

 

昔から、土地所有者の間では境界をめぐる争いは厄介ですし、植木の枝が越境してきたり、落葉が舞い込んだりしてもトラブルになります。植木の枝ぶりによっては、日照権でもめることもあります。

 

最近では、騒音やペットの臭いや鳴き声でも、争いとなることが少なくありません。

 

従って、物件を売るに際しては、考えられる法的な問題を予めキチンと解決しておきましょう。これをいい加減に放置して、売却が成立すると、後で買主と大きなトラブルになり法律問題になる可能性があります。買主から損害賠償請求ということになりかねないのです。

 

その他の問題も含め、心配な点はすべてマンション査定を依頼した不動産会社にできるだけ早く相談しましょう。専門家である不動産会社は何が問題となっているか、どう対処すべきかあなたにアドバイスをしてくれるでしょう。また、その対応に不安があるような場合は、別の不動産会社に変えても構いません。不動産会社の選ぶ際の目安にもなりますね。

 

■売却後にトラブルにならないよう、準備を十分しておきましょう。
■専門家に相談しましょう。対応が不安なら、他の不動産会社に変えましょう。

 

>次のページ【あなたの営業も役に立ちます】    >トップページ

マンション売却 予め問題点を解決しておく関連ページ

売却価格設定は重要
マンション査定で少しでも高く売り、成功する為に、価格設定は重要です。相場の事前調査に基づく価格設定の秘訣を公開します。
マンション査定・売却に適した時期は?
マンション売却にも適した時期があります。ポイントを押さえれば、より高く早く売却できます。
メンテナンスしよう!
マンション査定を受ける前に、少しでも高く・早く売るために、しっかりメンテナンスをしましょう!
部屋を広く見せる
マンション査定を受ける前に、少しでも高く売るために、部屋を広く見せるなど自宅の魅力を最大限に引き出しましょう!
現地内覧会について
売出しを始めたら、自宅物件を「現地内覧会」として、お客様(買主)をお迎えします。プライバシーも大事ですが、内覧は大変重要です。よく家族で話し合っておきましょう。
購入希望者への対応【お客様を敵視しない】
マンションを売る人と買う人とは、まったく立場が違います。買主はお客様。敵視してはいけません。信頼関係が大事です。
あなたの営業も役に立ちます
マンション査定を受け、媒介契約を交わしたら、営業活動は、不動産会社が行うことになります。しかし、売主さんの行動で良い営業結果を生むこともあるのです。
マンション査定は複数業者に依頼する
マンション査定は、少しでも高く売るために、必ず複数業者に依頼しましょう。業者によって方針の違いが分かります。
返答はできるだけ早く
マンション購入希望者や不動産業者さんから問い合わせや希望があれば、できるだけ早く返答しましょう!

基礎知識 必要な書類と費用 査定に成功する10ヶ条 実例!体験レポート 不動産屋さんの本音 マンション売却Q&A