マンション査定 不動産売却に必要な書類

マンション売却に必要な書類

マンション売却を決断したら、必要な書類を整理し、チェックしてください。
主なものは以下の通りです。

 

@権利証
 登記済証のことです。現在は「登記識別情報」という12桁のアルファベットと数字の暗証番号になりました。
権利証も使うことができます。万が一、見つからなくてもその権利を失うものではありませんが、再発行もありません。
この場合は、司法書士に証明してもらう手続きを取ることになります。

 

A実印
 実印は正式に契約を交わすときに必要になります。実印とは、印鑑登録をした印鑑のことです。ちなみに、印鑑とは判子で押した「印影=押した形」のことです。したがって、印鑑登録した印鑑が押せる判子(はんこ)を用意する必要があります。その他のものは認印などと言います。

 

Bマンション購入時の契約書など
 売却する時には、物件に係わる重要事項の情報を示さないといけません。その時の資料として、マンション購入の際に交わした契約書を用意しておきましょう。

 

C税金関係の書類
 毎年支払っている固定資産税など、支払うべき税金の詳細が分かるものを用意します。

 

D住宅ローンの明細
 住宅ローンの残額がある場合は、毎月の支払い額と、直近の住宅ローンの残債務額が分かる書類。

 

E毎月のマンション維持費が分かる書類
 これも売却時に開示する、重要事項説明に必要になります。マンションの管理費や修繕積立金、管理組合費、町内会費、駐車場費 など、毎月必要な維持費が分かるようにしておいてください。

 

とりあえず以上の書類は、用意するようにしておいて下さい。

 

>早く売りたい!書類が整ったら、次はどうする?

 

>次のページ【不動産売却に必要な書類】    >トップページ

不動産売却に必要な書類関連ページ

不動産売却に必要な費用・税金
不動産を売却するには、必要な費用・税金があります。予めチェックして、よく理解しておきましょう。
譲渡課税と減価償却費の関係とは?
不動産を売却すると、譲渡所得に対して税金がかかります。前頁で説明したこれら計算方法を補足解説します。

基礎知識 必要な書類と費用 査定に成功する10ヶ条 実例!体験レポート 不動産屋さんの本音 マンション売却Q&A