マンション査定 売却価格設定

価格設定は重要 マンション査定価格が基準値

気になるマンションの売却価格ですが、実際にどうやって決めるのでしょう?

 

まず、売主の希望する価格があります。これくらいで売ってほしいという価格です。(売却希望価格)
売主には苦労して手に入れた自分の物件に思い入れもあるし、その後の生活のこともあります。
このためどうしても相場より価格は高めになり、より安く買いたい買主の これくらいで売ってほしいという価格(買受希望価格)と差が出てしまいます。

 

この売却希望価格が両者の差を埋める出発点になるのです。この差を埋め、取引を成立させるための作業として、不動産会社が検討した価格が「マンション査定価格」です。
この査定価格は、周辺の同様な物件の取引事例も参考に算出している為、相場がある程度反映しています。

 

ただ、相場といっても正確なものがあるわけではありません。
あくまで不動産会社が周辺の同じレベルと判断した物件の取引事例から推定した価格です。
買主にしても、これがほしい、と気に入れば相場にあまりこだわらず成約に至るケースもあります。
しかし、目安として知っておくほうがいいですし、その相場で近い価格に落ち着くことも確率としては高いのです。
適正な価格帯より、はるかに高値で売りに出しても、買い手は付きにくいだけです。

 

このように、売主の売却希望価格と査定価格と比較しながら、売主と相談して「売り出し価格」を決めていくのです。

 

よくある最悪のパターンは、欲を描いて高めに売り出し、売れないので三ヶ月後に少し値を下げ、さらに三ヵ月後にまた少し値を下げるという、売り方です。
これは一番損な売り方です。
売り出し価格が30万、50万下がったところで、大して目を引きません。
インパクトが無いのです。買う方は、百万円単位下がれば、すぐ目を引き検討すると思いますが、何十万単位では大した興味を引きません。

 

高めに売り出して売れなかった場合、結局 相場より安い価格で売ってしまうことになります。
それを考えれば、最初から相場に対して適正な価格か、もしくは少し安めの価格で売り出したほうがずっとお得です。

 

■売主の売却希望価格は、相場より高めになりがち。
■相場を良く検討して、適正な売り出し価格を決める。

 

>次のページ【マンション査定・売却に適した時期は?】    >トップページ

売却価格設定は重要関連ページ

マンション査定・売却に適した時期は?
マンション売却にも適した時期があります。ポイントを押さえれば、より高く早く売却できます。
メンテナンスしよう!
マンション査定を受ける前に、少しでも高く・早く売るために、しっかりメンテナンスをしましょう!
部屋を広く見せる
マンション査定を受ける前に、少しでも高く売るために、部屋を広く見せるなど自宅の魅力を最大限に引き出しましょう!
現地内覧会について
売出しを始めたら、自宅物件を「現地内覧会」として、お客様(買主)をお迎えします。プライバシーも大事ですが、内覧は大変重要です。よく家族で話し合っておきましょう。
購入希望者への対応【お客様を敵視しない】
マンションを売る人と買う人とは、まったく立場が違います。買主はお客様。敵視してはいけません。信頼関係が大事です。
マンション売却 予め問題点を解決しておく
マンション査定を受ける前に、不要なトラブルを避け、少しでも高く売るために、予め法的な問題点を解決しておきましょう。後日、損害賠償請求されたケースもあります。
あなたの営業も役に立ちます
マンション査定を受け、媒介契約を交わしたら、営業活動は、不動産会社が行うことになります。しかし、売主さんの行動で良い営業結果を生むこともあるのです。
マンション査定は複数業者に依頼する
マンション査定は、少しでも高く売るために、必ず複数業者に依頼しましょう。業者によって方針の違いが分かります。
返答はできるだけ早く
マンション購入希望者や不動産業者さんから問い合わせや希望があれば、できるだけ早く返答しましょう!

基礎知識 必要な書類と費用 査定に成功する10ヶ条 実例!体験レポート 不動産屋さんの本音 マンション売却Q&A