マンション査定 不動産屋さんの本音

『このマンションに住みたいお客様がいます』は本当か?

みなさんがお住まいのマンションのポストに、『このマンションに住みたいお客様がいます。』とか、『○○マンション限定で、買いたいお客様がいます。』といったチラシが入っていたことがありませんか?

 

時には、『東京から大阪に転勤となり、大至急この地域で、築10年以内のマンションを探しています。予算は3,000万円です。』といった具体的な内容のものもありますね。
たいていこんなチラシが入るときは、そのマンションの売却相場は2,500万円ぐらいなので、売ろうと考えていた人にとっては、実に魅力的な、まさに千載一遇のラッキーな話に映ります。

 

これは、本当にラッキーなのでしょうか?

 

残念ながら、ほとんど、こんなチラシに本当のお客様はいません。

 

これは、売り物件の専任媒介契約を取りたいために、配布されたチラシなのです。
絶対にいないとは、断言できませんが、まず、そんなお客様はいません。

 

相場より、2割も高く、条件は自分のマンションとピッタリ。これは高く売れるチャンスと思い、あわてて電話してしまう人もいるでしょう。

 

そんな人は、「カモ」なのです。

 

そして、電話をすると、「あ〜申し訳ありません。あのチラシのお客様は他の物件を決めてしまいました。ですが、他にも同じようお客様がいますので、あたってみましょう。」と言います。
そして、来店を求められ、ケースにより必ずしも専任とは限りませんが、専任媒介契約を結ぶ事になります。専任ならば、仲介手数料は確保したも同然です。

 

こんなチラシは信用しないことです。今時、マンション指定で、相場より割増で買おうという人はまず、いません。バブルの時(1988〜1991年頃)で都会の有名マンションでは、そのマンション限定で買おうという人もたしかにいました。もう、昔の話です。

 

信頼できるパートナーを見つけるには?
>査定の実際が分かる、【実例! マンション査定体験レポート】

 

 

>次のページ【専任媒介契約がおすすめです】    >トップページ

「このマンションに住みたいお客様がいます」!?関連ページ

あなたの大いなる勘違い
物件を一番いいと思っているのは、あなたです。愛着もあります。しかし、買主は白紙状態です。ひいき目で見ている訳ではありません。それは勘違いなのです。知っておきたい不動産屋さんの本音を暴露します。
査定価格は高いほどいい?
マンション査定価格は、概ね物件自体と周辺取引事例から決まります。しかし、売主の心理と不動産会社の思惑が大きく関係しているのです。
不動産会社の選び方
不動産売却で成功するには、不動産会社の選び方が大変重要です。不動産会社には、得手不得手があります。大手か?中小の会社か?
専任媒介契約がおすすめです
失敗しないマンション査定を受けるため、少しでも高く・早く売却する為に鍵を握っているのは不動産屋さんです。成功する為に知っておきたい不動産屋さんの本音を暴露します。
重要事項説明はホントに要注意です!
重要事項説明を軽くみると、大きなトラブルにつながるケースがあります。実例を紹介します。思わぬ失敗をしない為に必ずチェックしてください。。

基礎知識 必要な書類と費用 査定に成功する10ヶ条 実例!体験レポート 不動産屋さんの本音 マンション売却Q&A