マンション査定 「仲介」と「買取り」の違い

仲介と買取の違いは?

不動産の売却には、「仲介」「買取り」の二つの方法が在ります。
どちらも不動産会社が取引の相手ですが、買主が違います。

 

「仲介」は、不動産会社があなたと媒介契約を結び、「不動産を買いたい人を探してほしい」という依頼を受けて、買主を探します。
不動産会社は価格や間取り、立地などの物件情報を情報誌やインターネットなどに掲載して、買いたい人をあなたの代わりに探してくれるサービスを提供します。

 

「買取り」は、不動産会社自身が直接あなたの物件を買い取ります。

 

この二つの方法は、それぞれ長所と短所があります。

 

長  所 短  所
仲 介 契 約

・売却価格を相談しながら決めることができる。価格決定権は売主。
・買取よりも高く売れる。

・いつ売れるか分からない。
・売却価格は最後まで分からない。
・買主の資金調達の状況により(ローン特約)契約が成立しない場合がある。
・近隣に知られる可能性がある。

買 取 契 約

・売却金額がすぐ分かる。
・契約・決済が早い。
・引渡期間に融通が利く場合がある。
・近隣に知られない。

・仲介に比べて、売却価格が低くなる。

 

仲介契約に比べ、買取契約の売却価格が低くなるのは、仲介契約が一般に市場価格(相場価格)で買主に直接売買されるのに対し、買取り契約では、買い取った不動産会社が査定価格で売れない場合値引きが必要であったり、リフォームをしたり、売れるまでの金利が掛かったりなど経費が必要となるためです。また、仲介手数料はありませんので最終的な買主へ転売し、利益もその中から得なければならないのです。

 

■じっくり待つ時間がある人は「仲介」、安くとも早く、近隣に知られないように売ってしまいたい人は「買取り」をおすすめします。

 

 

>「仲介」でも、できるだけ早く売るためには?

 

 

>次のページ【マンション売却 媒介契約の種類】    >トップページ

「仲介」と「買取り」の違い関連ページ

マンション査定はどうやってするのか? 
マンションの査定価格は、査定会社によりまちまちです。なぜこのような事が起こるか「査定の方法・仕組み」を解説します。
マンション相場の現状と情報収集
マンションを売却する時は、自身の物件の売却価格の相場を知っておくことが重要です。マンション相場の現状と相場価格を知る方法を紹介します。
マンション査定の基礎用語
マンション査定を受けるには、不動産取引に関する専門用語の理解が必要です。ここでは絶対知っておくべき土地と建築法の基礎用語を分かりやすく解説します。
売りやすい物件と売りづらい物件
不動産売却には、売りやすい物件と売りづらい物件とが在ります。それぞれの特徴と違いを知っておきましょう!
マンション売却 媒介契約の種類
不動産会社に売却の依頼をする時にする契約には、3つの形態があります。それぞれの契約の仕組みと違い、メリットとデメリットを分かりやすく解説します。
マンション査定の評価項目
マンション査定には、どんな項目が評価されるのでしょう。ここでは絶対知っておくべき査定の評価項目を分かりやすく解説します。
マンション査定の評価方法
マンション査定の具体的な評価方法は、「原価法」「取引事例比較法」と「収益還元法」があります。それぞれの特徴を解説しています。
まとめ【失敗しない不動産売却】
不動産売却について、「基礎知識」として解説した事をまとめました。失敗しない為の心がけをお伝えします。

基礎知識 必要な書類と費用 査定に成功する10ヶ条 実例!体験レポート 不動産屋さんの本音 マンション売却Q&A