マンション査定 契約時の注意事項

不動産売却 契約時の注意事項

売主さんと買主さんとが、全ての条件で合意に至れば、いよいよ正式な不動産売買契約と成ります。その時に特に注意する事があります。ここで、まとめておきましょう。

 

@手付金
不動産の売買には、手付金の受け渡しがあります。この手付金は、契約を証明するもので、契約から一定期間はこの手付金を基に契約を解除することができます。手付金による解除は理由に制限がありません。買主さんは、手付金を放棄することで契約を解除できます。
一方、売主さんは、受け取った手付金に加えて、同額を合わせて支払えば、解除が可能です。いわゆる「手付け倍返し」です。

 

従って、売る主の立場では、簡単に契約解除できないよう、手付金の学は多いほどいいわけです。さらに、手付けが出来る期間は短い方がいいということになります。

 

A住宅ローン特約
住宅ローン特約を着けて、マンションを購入した売主さんも多いと思います。
これは、買主さんの住宅ローンが審査を通らなかった時は、契約を全て白紙撤回できるというものです。この場合、受け取った手付金は、すべて返還しなければなりません。従って、売主さんはできるだけ、この住宅ローン特約は短めにするべきです。不動産会社とよく相談して、買主さんの与信状況や事前審査状況を聞きだすことができれば理想的です。

 

B契約書の確認
最終的に、双方がすべて合意に至れば、署名捺印をして契約が完了します。その前に、必ず契約書に目を当して、分からないことは不動産会社の担当者にすぐに質問しましょう。担当者が要領を得ないときは、その上司や場合によっては、専門家(弁護士や司法書士)に相談することです。一般に、不動産会社は用意されている、定型の売買契約書をもとに作成しますが、理解できないところはすべて、クリアにするべきです。失敗しても取り返しが効かない不動産売却では、遠慮は禁物です。

 

 

>次のページ【契約の当日、決済の当日について】    >トップページ

契約時の注意事項関連ページ

究極の値付けとは?
マンションを売る出す時のベストな価格とは?不動産会社の考える理想の究極価格はこれです。
契約の当日、決済の当日について
不動産を購入した時に、経験しているとは思いますが、お忘れになっている人も多いと思います。契約日と決済日の手順をおさらいしてみましょう。

基礎知識 必要な書類と費用 査定に成功する10ヶ条 実例!体験レポート 不動産屋さんの本音 マンション売却Q&A