マンション査定 究極の販売価格

マンション売り出し価格 究極の値付けとは?

不動産の値付けは、本当に難しいものです。
なぜなら、一つとして全く同じ商品がありませんし、その時の需要と供給のバランスで大きく売れ行きが変わってしまいます。不動産のプロと呼ばれる人でも、理想の価格をつける事はムリと言ってもいいでしょう。

 

では、理想の売り出し価格とはどんな価格でしょう?

 

それは、新築の分譲マンションや建売住宅の売買状況を見るとよく分かります。
大規模なマンションの場合、プロは十分なマーケティング調査を施して、熟慮の上、売り出し価格を決定します。そのようなマンションでも、時には即日完売のときもあれば、完成して一年、二年と売れ残ってしまうこともあります。

 

彼らとって、究極の値付けとは、全ての住宅が一回の売り出しで、一倍の競争率で完売することです。人気が集中して、倍率が10倍とか20倍になるのは、「安すぎ」「もっと高く売れたはず」ということです。つまりもっと利益を取れたはずです。しかし、高く売り出しすぎて、売れ残ったら何にもなりません。安すぎず、高すぎず、一倍の倍率で完売するのが「究極の値段」なのです。

 

しかし、こんな事例は実際にはありません。今後も表れることは無いでしょう。
まして素人の人には、到底無理な話です。たいてい、モデルルームに大勢人がいると安心して購入の申し込みをし、逆に自分では気に入っていても、あまり人気が無いとしり込みしてしまうものなのです。

 

マンションの売却を私たちがするならば、最大の利益を狙うより、絶対に失敗しない値付けを心がけ、不動産会社とよく相談して、外したと思えば、すぐに条件を見直す柔軟性が必要だと私は思います。

 

■管理人もお世話になった、信頼できる不動産会社は、このサイトから見つけることが出来ます。共に、優良不動産会社が日本最大規模で参加しています。ご近所というだけで、すぐに業者と契約しないでください。まず、自分の物件の相場を複数の不動産会社の査定で押さえておきましょう!

 

>>不動産やマンションの売却査定を一括見積り【不動産マンション売却.com】

 

>>不動産(マンション)売却査定オフィシャルサイト イエイ不動産無料一括査定

 

 

■こちらも、是非参考にしてください。>【マンション査定 実例!体験レポート】

 

 

>次のページ【契約時の注意事項】    >トップページ

究極の値付けとは?関連ページ

契約時の注意事項
すべてが合意に至れば、いよいよ正式な契約です。その時に注意することをお伝えします。
契約の当日、決済の当日について
不動産を購入した時に、経験しているとは思いますが、お忘れになっている人も多いと思います。契約日と決済日の手順をおさらいしてみましょう。

基礎知識 必要な書類と費用 査定に成功する10ヶ条 実例!体験レポート 不動産屋さんの本音 マンション売却Q&A